漢方Q&A

 
このコーナーでは、漢方についてよくある質問をお答えしていきます。
Q.漢方の特徴は何ですか?
 
 
A.陰陽・虚実・寒熱などの中国医学特有の概念に基づき、患者さんの病態を捉え(弁証諭治)、それを是正するための手段として漢方薬という優れた治療方法を持つことです。
Q.どんな病気に効きますか?
 
 
A.漢方はどのような症状にも対応できるように治療体系が組み立てられております。
特に西洋医学が苦手とするアレルギー疾患や婦人科の疾患、自律神経系の疾患などは漢方の得意分野です。
Q.副作用はありませんか?
 
 
A.当薬局の指導に従って正しく使用すれば安心して服用できます。
Q.どのくらい飲めば効きますか?
 
 
A.例えば風邪などの場合、すぐに効果が出ます。慢性病の場合は時間をかけて体質改善していきます。
Q.相談時間はどれくらいですか?
 
 
A.初回はお薬をお渡しするまでに1時間くらいかかる場合があります。そのため、当店では予約制でご相談をお受けしております。
Q.病院の漢方薬とはどのように違いますか?
 
 
A.一番特徴的なのは、豊富な種類があることです。処方数が非常に多く、牛黄や鹿茸などの動物性の生薬もあり、現代の病気を治療するのに必要不可欠な処方が揃っています。また、希望によっては煎じ薬もお出しすることができます。
Q.いくつかの病院を受診したのですが、病院では病名がつかず、そのまま帰されました。漢方薬も処方してもらえませんでした。そんな場合でも漢方相談してもらえますか?
 
A.状況によりますが、症状があり、苦痛が伴っているのであれば、漢方がお役に立てる可能性は高いと思います。予約制相談をご利用ください。
 
Q.不妊症で悩んでおり、専門のクリニックを受診中です。ですが、私の体質のせいか、なかなか良い卵が採れず、困っています。クリニックでの体外受精や顕微授精と漢方は併用できるのでしょうか?
 
A.多くの場合、問題なく併用できると思います。当薬局には不妊カウンセラーが常勤しておりますから、漢方薬をご希望の場合は予約制相談で不妊カウンセラーに詳しくお尋ねください。
 
Q.アトピーで悩んでいます。もうずいぶん長い間、ステロイド外用剤やタクロリムス、抗アレルギー剤を使ってきましたが、いまだに痒みからも乾燥からも解放されません。漢方薬でアトピーが治るのでしょうか。
 
A.アトピーは漢方でも難しい病気の一つです。ですから、時間をかけて体質を改善していきます。具体的には、漢方では熱を冷ましていく生薬を組み合わせた処方を使い、それまでの西洋医学的治療としばらくの間は並行して治療を行います。そして、痒みなどの症状が緩和してきたら、少しずつステロイド外用剤を減量していっていただきます。じっくりと腰を据えて漢方に取り組んでいただければ、必ず良くなります。
 
Q.足のしびれで悩んでいます。病院では必要な検査はすべてしていただき、その上で最新のお薬を処方していただいており、もうこれ以上は方法がないと言われています。
 
A.西洋医学的な検査や治療ではっきりした結果が出ないしびれや痛みにも、中医痺証の方法論に基づいて処方を選択していくことで良い結果が出ています。予約制相談をご利用ください。
Q.漢方相談は必ず本人が行かないといけませんか?
 
 
A.ご本人が来局されれば、こちらが得られる情報量は飛躍的に増えます。ですので、できる限りご本人の来局をお願いしています。もし、どうしてもそれが不可能な場合は、患者様の状況をよく知っているご家族の方がご来局ください。
 
Q.クレジットカードは使えますか?
 
 
A.申し訳ございません。現在クレジットカードでのお支払いはお取り扱いしておりません。